競技種目(1)

ThrowLine スローライン

■参加資格

・チームの構成メンバーの一人は 必ず樹護士アーボリスト資格取得者 または 樹護士アーボリスト®受験資格保持者でこれから受験する方か ISA 認定 TC/WS の資格取得者で BAT2 まで修了した方。
・それ以外のメンバーは ATI のベーシックアーボリストトレーニングコース BAT1-BAT2 を修了した方

■ チーム構成

1 チーム5名 *但し3名でもエントリー可能

■ 状況説明

樹高 20~5m の5か所にスローラインで狙うポイントがある。
リングセーバー5 本、ハウススリーブ 5 本、ロープ 5 本(アイ付き 2 本、アイなし 3 本)、スローライン 3 本、 スローバックは 8,10×2,12×2,オンスの 5 つ、リトリーバーボール 2 つ、カラビナ4つ(NO Life)、シ ート 3 つが場内にある。

■ 競技説明

樹上に 5 か所のポイントがある。場内にはスローライン 3 本、スローバックは 8 オンス 1 つ,10 オンス 2 つ,
12 オンス 2 つの 5 つしか持ち込むことができない。ジャッジのコールで時計はスタートする。チームで協力し て多くのポイントを取る。スローラインがかかり MRS の状態にするとポイントが付く、ロープに変えるとポイ ントが加算される。フリクションセーバーは必ず使用しなくてはいけない。ロープを回収し、スローラインを回 収すると点数も高くなる。最初の 10 分はロープセッティング、残り 5 分は回収 全部の制限時間は15分

■ ルール

・出場チームは全員が揃わなくてはいけない。5 分以上の遅刻で出場権がなくなる。
・出場チームはヘルメット、セーフティグラスのみをつけて場内へ入ることができる。
・スローラインのセットは個人のものを持ち込むことが可能。

■ 競技開始

・ジャッジの「1,2,3,GO」で時計はスタートする。
・チームの誰もが走ってはいけない。もし走ったとみなされた時ジャッジは笛を吹き、 その人は 10 数えるまで全員がその場で動くことができない。
・コール、コールバックをしていないとみなされれば減点される。

■ スロー

・何人でも同時にスローしてもよい。
・スローラインは一人何投でも投げることができる。
・スローラインは MRS の状態にならないと点数は入らない。・スローラインが MRS の状態になった時にジャッジに「スローライン OK?」とコールしなくてはいけな い。ジャッジが「OK」とコールを返せばスローラインのポイントが入る。場所により5,10 ,15 点と なる。
・スローラインの OK コールがなされればロープに変えることができる。
・ロープは必ずフリクションセーバーを使用しなくてはいけない。
・フリクションセーバーはハウススリーブ、リングセーバー、のどちらでもよい。
・ハウススリーブ5点、リングセーバーは10点 点数が入る。
・ロープがかかりジャッジの前で2人ロープに体重をかけ「アンカーチェック」を行わないと点数が入らな い。アンカーチェックポイント 5 点
・ダブルスローバックテクニックは何度使用してもよい。
・場外へのオーバースローは減点
・スローバックを回収の時に落下する行為は減点
・スタックは減点対象になるが時間内に回収できれば減点にならない。
・折れ枝は直径 1 センチ以上で減点となる。大きな枝を折ってしまった場合は大きな減点となる。
・ロープスローは行ってはいけない。

■ 回収

・アンカーチェックが終わっているロープは回収することができる。
・ロープの回収はロープをロープバックに入れなければ点数にならない。
・スローラインを回収しなければ回収の点数はつかない。

■ 時間

・いくら走ってストップしても減点の対象ではない。
・スタートから10分を経過したところで終了。速やかに撤収しなくてはいけない。