コンテンツへスキップ

競技種目(4)

Rescue レスキュー

競技内容(安全に樹上へクライミング。チームワークでビクティム(要救助者)を地上までおろす。)

■ 参加資格

・チームの構成メンバーの一人は、必ず樹護士アーボリスト資格取得者または樹護士アーボリスト®受験資格保持者で、これから受験する方か、ISA認定TC/WSの資格取得者でBAT2まで修了した方。
・それ以外のメンバーは、ATIのベーシックアーボリストトレーニングコースBAT1-BAT2を修了した方

■ チーム構成

1チーム5名

■ 状況説明                                                                                                                         

・樹上10~15m付近にクライミングアンカーとしての変更するためにアクセスロープがかかっている。
・地上4~6mにクライミングロープにぶら下がり、ランヤードをした状態で要救助者が下がっている。
・要救助者のアンカーは救助者のアンカーは約4m離れている。
・要救助者の状況は大会により変化する。
・大会によりリギングのシステムも樹上に存在する。
・状況により要救助者がチェーンソーを持っていることもある。
・地上には刃のないチェーンソーも置かれている。
・樹木を対象とした範囲は選手とジャッジしか入れないように囲われている。
・会場により高さや幅は変更する。

■ 競技説明                                                                                                                         

メインジャッジのスタートの合図で時計はスタートする。チーム内の個人の役割はクライマー、指揮者、ビレイヤー、連絡役、マルチスタッフに分かれる。クライマーは要救助者を樹上に登り助ける役、指揮者は全体を見て的確な指示を出す。ビレイヤーは地上でロープをビレイし地上に降りる人を確保する。連絡役は救急車を呼んだりAEDを持ってきたり現場と病院や野次馬などのオーディエンスとの連絡役をする。マルチスタッフ1名はクライマー、グランドワーカーなどどのようなサポートもすることができる。チームの準備ができ次第、指定されたアンカーでクライミングを行い、チーム全員で役割を守り、安全かつ迅速に要救助者を地上に降ろす。要救助者のカラビナを外して場外の指定ポイントまで行と時計が止まる。役割にはできることできないことがある。競技時間は30分

■ ルール競技前

・出場チームは全員が揃わなくてはいけない。5分以上の遅刻で出場権がなくなる。
・出場チームはクライミングの道具(ロープ、フリクションセーバー、サドル、ランヤード、ノコギリ、etc)最大2セット、スローラインセット(スローライン1、スローバック2)を最大2セット場内へ持ち込むことができる。必要であるならばサドルとエイト環は必要数持ち込むことができる。クライミング道具に忘れ物がある場合は取りに行くことはできない。
・出場チームはヘルメット、セーフティグラスのみをつけて場内へ入ることができる。
・クライミングギア、リギングギア、チェーンソーなどすべて物の落下は即時停止、失格となる。
・クライマー、指揮者、ビレイヤー、連絡役、アシスタントはジャッジがわかるように腕章をつける。
・メカニカルギアやSRSは使用しない。
・事前のギアインスペクションを通していないものでも開始10分前にギアのインスペクションをマスタージャッジに申告することができる。

■ 競技開始

・チーム全員が整列して誰か一人が線を少しでも超え場内に入ったところより時計はスタートする。
・チームの誰もが走ってはいけない。もし走ったとみなされた時ジャッジは笛を吹きチーム全員は10数えるまで動くことができない。
クライマー:出来ないこと救急車を呼ぶ、AEDを探す、野次馬の排除、要救助者のビレイ、
指揮者:出来ないこと救急車を呼ぶ、AEDを探す、野次馬の排除、クライミング、
ビレイヤー:出来ない事救急車を呼ぶ、AEDを探す、野次馬の排除、クライミング、
連絡役:出来ない事要救助者のビレイ、クライミング。
マルチスタッフ:どのような役もすることができる。ただし、第1クライマーにはなれない。

■ スタート

・各役割にあった行動をすることができる。
・事前にわかっている内容をプランニングして内容を提出または、時間内にプランニングを行いジャッジとチームに話さないといけない。。
・救急車などの連絡はセーフティーゾーンにおいている携帯で行う。救急車の到着時間はメインジャッジが決め競技者は勝手に決めることができない。
・AEDは会場の何処かにある。(事前にどこにあるかはメインジャッジが話す。)
・野次馬役は担当スタッフが務める。

■ クライミング

・メインのクライミングロープは必ずフリクションセーバーが必要。
・クライミングヒッチはブレイクス、クローズドヒッチ(ディステル、シュワビッシュ,4コイル以下はダメ)のみ使用を可能とする。
・クライミング前の点検はおこたってはならない。(プルチェック、BARKチェック、バウンズチェック)
・樹上で必ずタイインしてインスペクションを行う。
・クライマーはいかなる時もオフロープ、アンコントロールスイングはしてはいけない。大きなスイングは失格になる。
・クライミングロープにエンドノットがないと減点される。
・クライマーは適切なスピードで地上に戻らなくてはいけない。
・空中でのボディスラスティングは禁止とする。
・グランドワーカーはヴィクティムへの声をかけ続ける。
・2人目登る場合はアンカーの場所などメインジャッジに許可を得なくてはいけない。
・2人目のクライミング前の点検を怠ってはならない。
・第1クライマーは事前のセッティングされているアクセス用ロープしか登ることができない。

■ ヴィクティムへのアクセス

・リムウォークはオフロープになってはいけない。
・適切なランヤードの位置でタイインしなくてはいけない。
・グランドワーカーはクライマーの手伝いをすることができる。
・ヴィクティムへたどり着いたら意識、呼吸、脈拍、の確認をおこない地上に伝える。
・ロープの状況、リギングがあればリギングの状況を確認し地上に伝える。
・リギング道具で人を吊ることを禁止とする。
・止血や保定など適切な処置をしなくてはいけない。
・プランの変更点があればグランドに伝えなくてはいけない。
・クライマーはアンカーの架け替えはすることはできない。

■ クライミングダウン

・TARSでならった基本的な降ろし方でバックアップを確実に取り確実にヴィクティムを降ろす。
・グランドワーカーと連携して降ろさなくてはいけない。
・クライマーが降りるときはコールを必ずしなくてはいけない。
・グランドワーカーはクライマーが地上に足が着くまでに地上で要救助者の受け入れ態勢を整えなければいけない。
・グランドワーカーは常に要救助者に対して声をかけ続けなくてはいけない。
・一度フィールドの外に出た時点で場内に戻ることはできない。

■ 時間

・スタートから30分を経過したところで終了。速やかに撤収しなくてはいけない。
・同点の場合タイムが早い順番になる。
・メインジャッジのスタートの合図より始まり、時計が止まるのは設定により変化がある。

競技種目とルール

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。