競技種目(2)

TreeClimbing ツリークライミング

競技内容(安全に樹上へクライミング。ツリーワークの各道具を設置。リギングを行い回収)

■参加資格

・チームの構成メンバーの一人は必ず樹護士アーボリスト資格取得者 または樹護士アーボリスト®受験資格保持者でこれから受験する方かISA認定TC/WSの資格取得者でBAT2まで修了した方。
・それ以外のメンバーはATIのベーシックアーボリストトレーニングコースBAT1-BAT2を修了した方

■チーム構成

1チーム5名 *但し3名でもエントリー可能

■状況説明

・樹上10~15m付近にクライミングアンカーとしての変更するためにスローラインがかかっている。
・地上5~8m付近にリギングブロックをつけるためのテープ(白、赤、白)がまかれている。
・地上4~6m付近にリギングの対象となる枝(約4m)の両端にテープ(黄色)がまかれている
・地上にはブロック1、ロワーディングディバイス1、デットアイスリング1、ルーピースリング1、ウーピースリング1、E2Eプルージック1、スチールカラビナ3、10mぐらいのリギングロープ、リギングロープ1が置かれている。
・地上には刃のないチェーンソーも置かれている。
・樹木を対象とした範囲は選手とジャッジしか入れないように囲われている。

■ 競技説明

場内に入った時点で時計はスタートする。指定されたアンカーでクライミングを行い、枝先に移動してリムトス(5本)地上の目標は3か所、その後ロードとなる枝に結びリギングロープをバットタイでセッティング、枝先の指定した部分にタグロープをセットする。クライマーがチェーンソーでヒンジカットの目印に沿ってチェーンソーを動かし、鈴を鳴らす。リギングのセッティングをすべて解除して地上のもとの場所へ戻し、クライミングロープを回収し元のスローラインへ戻す。全員が場外に出た時点で時計が止まり競技終了とする。競技時間は20分

■ルール競技前

・出場チームは全員が揃わなくてはいけない。5分以上の遅刻で出場権がなくなる。
・出場チームはクライミングの道具(ロープ、フリクションセーバー、サドル、ランヤード、ノコギリ、etc)最大2セット、スローラインセット(スローライン1、スローバック2)を最大3セット場内へ持ち込むことができる。クライミング道具に忘れ物がある場合は取りに行くことはできない。
・出場チームはヘルメット、セーフティグラスのみをつけて場内へ入ることができる。
・クライミングギア、リギングギア、チェーンソーなどすべて物の落下は即時停止、失格となる。
・クライマー1名、グランドテクニシャン(グランドワーカーリーダー)1名、グランドワーカー3名はジャッジがわかるように腕章をつける。

■競技開始

・チーム全員が整列して誰か一人が線を少しでも超え場内に入ったところより時計はスタートする。
・チームの誰もが走ってはいけない。もし走ったとみなされた時ジャッジは笛を吹きチーム全員は10秒間動くことができない。
・リギング道具はスローラインを利用して上げることができる。
・クライミングロープで上げることができるのはリギングロープのみとする。

■クライミング

・クライミングヒッチはブレイクスしか使用することができない。
・クライミング前の点検は怠ってはならない。(アンカーチェック、BARKチェック、バウンズチェック)
・クライミングアンカーはリングセーバーにスローラインがかかっている状態よりスタートする。
・樹上で必ずタイインしてインスペクションを行う。
・クライマーはいかなる時もオフロープ、アンコントロールスイングはしてはいけない。
・大きなスイングは失格となる。
・クライミングロープにエンドノットがないと減点される。
・クライマーは適切なスピードで地上に戻らなくてはいけない。
・空中でのボディスラスティングは禁止とする。

■リムウォーク・リムトス

・リムウォークはオフロープになってはいけない。
・適切なランヤードの位置でタイインしなくてはいけない。
・タイインした後コールをしてノコギリを両手で扱い鈴を鳴らさなくてはいけない。
・鈴を鳴らしたのちにリムトスをすることができる。
・リムトスの本数は5本、地上のターゲットは3か所あり点数が違う。
・リムトスが終了すれば枝に負担をかけないように戻らなくてはいけない。

■チェーンソーの受け渡し

・チェーンソーはクライマーが樹上へ持って行ってもよい。グランドワーカーが技術を駆使して樹上へ持ちあげてもよい。
・チェーンソーは樹上で必ず落ちないように何かの処置がされなくてはいけない。
・樹上でチェーンソーからスリングを抜いてはならない。
・クライマーとグランドワーカーは適切なコールをしなくてはいけない。
・チェーンソーはクライマーが持って降りてもグランドワーカーが技術を駆使しておろしてもよい。

■移動、リギングロープの設置

・ロードへの結びは認められた結びを使用しなくてはいけない。
・グランドワーカーはロワーディングディバイスを設置しなくてはいけない。
・クライマーとグランドワーカーは連携してリギング作業の模擬をしなくてはいけない。
・クライマーは適切にタイインしてロードのカットの模擬を行う。チェーンソーでヒンジカットの目印に沿って動かし受け口、追い口を切る模擬をしたのちチェーンソーカバーを付け、腰に適切にチェーンソーを付けて両手で鈴を鳴らさなくてはいけない。
・グランドワーカーはリギングロープをロワーディングディバイスに適切にまかなければいけない。
・クライマーとグランドワーカーは適切なコールをしなくてはいけない。クリーンナップ
・ヘッドジャッジがOKの声でリギングギアのクリーンナップを始める。
・クライマーとグランドワーカーは適切なコールをしなくてはいけない。
・クライミングアンカーはスローラインだけが残った状態にする。
・チェーンソーは元の場所、状態に戻さなくてはいけない。
・一度フィールドの外に出た時点で場内に戻ることはできない。
・全員が場外へ出たところで時計が止まる。

■時間

・いくら走ってストップしても減点の対象ではない。
・スタートから20分を経過したところで終了。速やかに撤収しなくてないけない。
・20分より早い場合早い順番に点数が加算される。